任意保険を選ぶポイントは弁護士特約

交通事故被害に遭ったとき、力を発揮する弁護士費用特約

車を運転する人の多くは、任意保険に加入していると思います。なぜなら必ず加入しなければいけない自賠責保険では、十分な保険金が支払われないからです。しかし、任意保険にもいろいろな種類がありますし、同じ保険会社でもいくつか種類を選んで加入することも珍しくはありません。このようなときにはどのような基準で加入する任意保険を選ぶべきなのでしょうか。通常であれば対人、対物が無制限になっているのかという点を確認するでしょう。

しかし、対人対物無制限だけではなく、他にも任意保険を選ぶポイントがあるのですが、それは弁護士特約が付いているかどうかです。任意保険に加入したことがある人であれば、1度ぐらいは聞いたことがあるでしょう。弁護士特約というのは、交通事故被害にあって、弁護士に相談をしたとします。このときに弁護士費用も保険会社が負担するという特約です。

一般的に、自動車の任意保険は加害者の時は、示談交渉を代理で保険会社が行ってくれますが、被害に遭った場合は、加入している保険会社からは費用は払われません。弁護士費用も自費で負担しないとならないのですが、弁護士費用特約は、被害に遭ったとき、その費用を保険をつかって依頼できるのです。

特に近年は高額賠償の時代になっていますし、増税や不景気、物価高で生活が苦しい家庭が増えています。

交通事故被害に巻き込まれてしまった場合、弁護士に依頼しても報酬が支払えないからと依頼を断念してしまう人もいるでしょう。そんなときでも弁護士特約が付いていれば、安心して弁護士に相談、依頼することができるのです。ここで注意するべきことがあるのですが、弁護士に支払う金額がいくらであっても全額支払ってくれるというわけではありません。通常は限度額というのが設定されているのですが、大体300万円ぐらいになっていることが多いでしょう。

これだけあれば大抵の弁護士費用を賄うことができるのですが、人身事故にあってしまい、弁護士に依頼すれば、慰謝料を増額できるのに、依頼費用がなくてできないのはもったいないことです。300万円あれば、交通事故相談の弁護士費用は大抵の場合はまかなうことができます。しかし、これだけの弁護士特約でも、あるのとないのとでは全く違ってくるので、任意保険を選ぶ際には、弁護士特約が付いている種類がおすすめできます。交通事故被害にあって、弁護士に相談するときには、この弁護士特約についても聞いてみるとよいでしょう。