交通事故の相談が弁護士に任せると結局お得で安心。

交通事故の被害者にとっては自分自身で相手方の保険会社と交渉するときには、保険会社は自社で設定している基準で慰謝料の算出をして交渉を行います。交通事故の保険金の基準には、任意保険会社基準とは別に裁判所基準というものがあり、一般的には任意保険会社基準の金額のほうが低くなります。

交通事故被害者が弁護士に依頼することによって、裁判所基準によって示談の交渉をしてもらうことが可能となりますので、被害者本人が保険会社の担当者とやり取りを行って支払ってもらえる損害賠償額のときよりも大きく増額される可能性が高くなります。

弁護士に依頼を行って交渉をしたときには、事案によって2倍以上の損害賠償額の増額が行われることもあります。

交通事故問題を弁護士依頼するメリット

交通事故問題について弁護士に相談する大きなメリットとしては、賠償額の増額が見込める点と言えます。また、交通事故の場合には責任割合として、被害者側に一定の過失があると主張されることも考えられます。被害者側に過失があることが認められると、損害賠償額が減額されることにつながりますので、被害者側としては納得できないと感じることもあるでしょう。

弁護士に依頼をすれば、警察による実況見分の結果を取り寄せることで、被害者側にとって有利な主張を分析した上で、相手方と交渉を行うことになります。弁護士の手腕によって、被害者側が望んでいるような結果を得ることが可能となりますので、相手方の主張を退けさせたり、損害賠償額の増額を狙えることでお得になることが多いと言えます。

相手方の法的主張に対して被害者本人が反論することは難しいことが多いと考えられますので、プロである弁護士に依頼しておくことで大きなメリットを得ることができます。近年では、無料相談を行っている法律事務所が多くなっていますので、費用のことを気にすることなく、法律相談を受けやすいと言えます。相手方との交渉の中で納得できないことがあるときには、弁護士のいる法律事務所の無料相談を受けてみることがおすすめです。