ドライブレコーダーの設置が有効的

交通事故の場合には、お互いに自分が被害者であり、相手が加害者であると認識してトラブルに発展するケースも少なくはありません。もちろんお互いに悪い場合もあるのですが、人によっては明らかに自分が悪いのに、無理やり相手のせいにしようとする人もいるのです。このようなときに有効的なのは、実際に交通事故に遭ったときの状況証拠なのですが、誰かが見ていればその人に証言をしてもらうということもできるでしょう。

しかし、そう都合よく交通事故が発生した現場を見ているという人はいないことが多いのです。そこで有効的な方法が、ドライブレコーダーを取り付けるという方法なのですが、最近は動画撮影のために、車内にドライブレコーダーを設置して、取った映像を動画サイトにアップするという人もいます。このような方法でドライブレコーダーを設置しておけば、実際に交通事故に遭ったとき、どのような状況で発生したのかという証拠映像になるのです。

勝手に動画を撮ってトラブルにならないのかというと、前を走っている車のナンバーがはっきりと映っているのに、編集もせず許可も得ずに勝手に動画サイトへアップしたような場合には、トラブルになる可能性もないとは言えません。しかし、自分の車の中から撮った映像を普通に保管しておくだけであれば、まずトラブルになることはないでしょう。万が一交通事故に遭ったとき、相手ともめて裁判になった場合などにはかなり重要な証拠となるので、弁護士によってはすすめていることもあるのです。

交通事故というのは、起きたらどうするのかという対策を練ることも重要なのですが、交通事故を起こさないように努力をすることも重要になります。そこでドライブレコーダーの映像を自分で確認し、このような運転は危ないという反省をすることで、より交通事故が起きないようにすることもできるのです。裁判の際に証拠となるだけではなく、自分自身が注意することにもなるので、弁護士がすすめているのでしょう。