自転車の事故が多発している

交通事故というと、車やバイクなどが関係していることが多いのですが、車やバイクだけが交通事故を起こすというわけではありません。最近は自動車税の増税や生活が困難な家庭が増えているせいで、車離れが進んでいると言われています。そのため、車やバイクではなく、自転車に乗る人が増えてきています。特に自転車が多くなったのは、東日本大震災以降だと言われているのですが、その自転車の増加によって、自転車の交通事故が多発しています。

今までは自転車で高額賠償ということは滅多になかったのですが、政治家がアメリカ追従政策ばかり行っていることにより、日本もどんどん訴訟社会になりつつあるのです。最近では自転車事故で高額賠償という事例もあるので、そこに目を付けた保険会社が自転車の保険加入を促すようになってきました。しかも親や教員の教育レベルの低下により、未成年者が自転車で無理な運転をする、スマートフォンを見ながら運転をして事故に遭うという事例もたくさんあります。

さらには高齢化の影響により、高齢者の自転車事故も多発しているのです。通常自転車で保険に入るということはなかったのですが、最近では高額賠償に対応できるように、自転車保険に入る人も多くなっています。しかし、自転車同士や自転車と歩行者が事故を起こした場合、警察に連絡しないことも多いでしょう。たとえ自転車の事故であっても、警察に届けておいた方が無難です。また、トラブルに発展した場合には、弁護士に相談することも考えて起きましょう。

最近は自転車による交通事故が増えているため、自転車事故で弁護士に相談をする人も増えているのです。弁護士は自転車による交通事故にも対応していることが多いですし、きちんと対策をしてくれる弁護士も多いでしょう。ただし、どの弁護士に依頼してもよいというわけではありません。信頼できる弁護士であること、交通事故に関する知識が豊富なこと、多くの相談が寄せられ、解決してきた実績があることが重要です。