通勤時間帯が最も交通事故に遭いやすい

交通事故というのは、発生しやすい時間帯が存在しています。最も交通事故が発生しやすい時間帯というのは、朝と夕方、夜になっています。しかも休日よりも平日の方が交通事故の発生件数は多いと言えるでしょう。なぜ通勤時間帯に交通事故が発生しやすくなっているのかというと、朝は時間通りに出勤するというのが社会人の常識です。しかも毎日疲れて帰宅しているので、できる限りギリギリまで寝ていたいという人が多いと言えるでしょう。

そのため、出勤時はあまり時間に余裕を持たないで家を出る人が多いため、渋滞してしまうとイライラすることが多いのです。渋滞で仕事の開始時間が迫ってしまうと、どうしても急いで運転する人が増えてしまうので、交通事故が発生しやすくなると言えるでしょう。では帰りの時間帯はなぜ交通事故が多いのかというと、疲れているので判断力が低下していること、疲れて眠くなっている人が多いこと、早く帰りたいので急いでしまう人が多いからです。

酷くなってくると、お酒を飲んでいるのに車を運転してしまう人もいるので、交通事故が発生しやすくなるのです。交通事故が発生した場合、相手の方が明らかに悪い場合には、弁護士に依頼することで被害者が有利になるような交渉を行ってくれるでしょうが、明らかに依頼してきた人が加害者であった場合には、依頼してきた人が有利になるということは難しいでしょう。しかも飲酒運転をしていたとなれば、いくら弁護士でも擁護のしようがありません。

仕事でイライラしているので、お酒で気を紛らわせたいという人が多いのですが、このような場合には公共の交通機関を利用して帰宅するのが決まりです。最近は飲酒運転による重大な事故が増えてきたことで、法律も改正されて厳しくなっています。交通事故は発生してから弁護士に依頼すればよいということではなく、起こさないようにすることが重要なのです。よって交通事故が発生しやすい平日の朝や夕方、夜の運転は特に注意しなければいけません。