後遺障害の申請方法

交通事故慰謝料には2つあり、通院慰謝料と後遺障害慰謝料とがあります。

交通事故にあって、治療を続けても完治されないケースがあり、症状固定といいます。のこった障害を後遺障害と認定されれば、後遺障害に対する慰謝料が支払われるようになるのです。

ただし、むちうちのような、頚椎捻挫の場合、後遺障害と認定されるかどうかは、医師の所見が重要性がまし、弁護士のサポートによって認定されたり、されなかったりします。

よって、重要なことは、弁護士が正しいや、後遺障害認定申請をかけるかによるのです。

交通事故に遭った場合は、とにかく一人でやろうとせず、弁護士に相談して、後遺障害をどのように申請していくのか考えるのがよいでしょう。