交通事故からいち早く立ち直るには

空

身体的、精神的、経済的な復帰が必要

交通事故は軽度のものであれば社会生活に大きく影響が出ることもありませんが、当サイトで紹介しているような弁護士を必要とするような事故の場合の殆どは、車が事故によって故障してしまったり、ご自身の身体に怪我を負ってしまったりということがあり、事故後に何事もなかったような生活を送れないことの方が多いことでしょう。

事故の相手や保険会社との折衝は弁護士に任せるとして、怪我を負ってしまったのであれば必然的に日常生活を取り戻すためにはある程度の時間を要し、それは病院やドクターにお任せするしかなさそうですね。しかし、どの病院を選ぶかや、どんな治療方法を選択するのかなど、怪我からの回復に最も適した環境を作り出す努力をすることは自身でもある程度は可能です。そのためには自分自身の怪我の状況を正確に把握した上で、情報収集を行っていく必要があります。事前に出来る対策としては、何といっても治療費を建て替えられるようにしっかりと貯蓄をしておくこと、信頼のおける保険に加入しておくことです。

また、怪我を負っていたとしても、職種によっては職場復帰を早くできるケースもあることでしょう。たとえ休業保証を受け取れることになったとしても、仕事やプロジェクトに穴をあけるわけにはいかないという立場の方も多いと思いますので、話は簡単ではありません。現場の仕事や工場内での作業や外回りの営業など、身体をある程度使う仕事の場合は速やかな復帰が難しいこともあるかもしれませんが、オフィスワークやパソコンでの作業の場合には、両手が使えれば比較的早く復帰することも可能です。学生の場合にも、状況によっては自分で勉強をすることもできますね。主婦の方の場合には、できる家事が限られてしまうと思いますので、家族や親せき、友人のサポートが必要になってきます。

もしも加害者になってしまった場合、自分の車の修理は?

では、車が交通事故によって大破もしくは部分的に故障してしまった場合にはどうでしょうか?ほとんどの場合には台車を使用できますし、事故の被害者側なのであれば、相手の保険会社に修理してもらえます(保険会社の修理の上限額には注意しましょう)。また、加害者側であったとしても、適切な保険に加入していれば、自分の車の修理も保険を使用することは可能です。

では、交通事故の加害者になってしまい、かつ自分の車の修理の保険には加入していなかった場合にはどうすればいいでしょうか?この場合には車の故障の程度にもよりますが、軽度の傷やへこみであれば自費で修理する選択肢もあります。しかし、車の損傷が激しく、五十万円以上かかってしまうのであれば、買い替えも検討した方が良いかも知れません。経済的に余裕があるのであれば新車を購入するのも良いかも知れませんが、状況は自動車事故の後ですから、さまざまな思いがけない出費や休業による収入の減少もありますね。そんな場合には一先ずは中古車を選ぶのも一つの手です。

中古車と言っても最近は、意外にクオリティーの良いものを購入することも可能なのです。

もし、事故の怪我の影響で車を見に行けないけれど、回復後すぐに車を使用しなければならない状況であるのであれば、インターネットで通信販売も対応している中古車販売店を利用することをお勧めします。「車を通信販売で、一度も見ないで購入する」と考えると、殆どの人は不安を覚えると思います。それは当然と言えます。ですので、その場合には信頼できるお店で購入することが必要です。当サイトでお薦めできる評判の良い中古車販売店はCSオートディーラーです。

もしも信頼性を調べたいという方がいたらCSオートディーラー 評判というサイトで、実際に購入したお客さんの感想を公開していますので、参考にしてみることをお勧めします。

事故後にもやむを得ない状況で車を運転しなければならない方は、このように車を手に入れる方法があるということを知っておくことは重要です。